窒素ガスの無料サービス

ホーム > サービスメニュー

サービスメニュー

SERVICE MENU

窒素ガスの無料サービスについて

当店では4本同時に、お買い上げいただきましたタイヤは無料で磨耗するまで何度でも窒素ガスの充填が出来ます。

(セルフサ-ビスでお願いします)

■通常の空気と窒素ガスはどこが違うか。

空気中に含まれる約78%の窒素は酸素に比べて、ゴム分子の隙間を通り抜けにくいという性質があります。

その性質を活かして、窒素のみをタイヤに充填することによって、自然な空気圧の低下をしにくくするということが可能になります。

乗用車用タイヤ以外にも、安全性を追求する航空機用タイヤや走行性を重視するレース用タイヤにも窒素ガスが充填されています。

窒素ガス充填のメリット

  • 窒素は、酸素よりゴムを通りにくいので、タイヤ内圧が低下しにくい。
  • 水分を含まないので、温度が上昇しても、タイヤ内圧変化が少ない。
  • 酸素や水分を含まない不活性ガスのため、タイヤとホイールが傷みにくい。

 

さらに、タイヤ内圧が低下しにくく適正な空気圧が長持ちするため、

 

摩耗・偏摩耗が減少

  • 燃費の低下を抑制
  • 操縦安定性の向上
  • タイヤ内圧不足によるタイヤ損傷の発生を低減
  • タイヤ・ホイールの酸化・腐食の抑制

 

などのメリットにも繋がっていきます。

窒素ガスの充填場所

窒素ガスのコーナーに開閉式の屋根がつきました。

雨の日でも窒素ガスの充填がしやすくなりました。

窒素ガスの補充場所は(写真左)ショウル-ムの左奥とピットの向かいP(写真右)にあります。

ご自由に、お車を窒素タンクの横にお回し下さい。タンクの中には常時、お客様の無料補充用の窒素ガスがあります。

窒素ガスの充填方法

 

窒素ガスも温度でタイヤ内圧は変わります

詳しくは下をクリックしてください。

タイヤ内圧と温度の計算はこちら>

タイヤ内圧と温度の参考はこちら>

1.オレンジのホ-スを伸ばしてください。

2.ホイルのエアーバルブのキャップをはずします。

3.充填口の金具を握りながらエア-バルブに取り付けてください。

4.エアーを充填する口をバルブに取り付けます。

つなぎ目から漏れがないか確認して下さい。

5.エアーをチェックします。純正サイズの場合、圧はドアの横に書いてあります。窒素ガスも普通の空気と同じ圧で。

6.エア-が少ない場合は、握ると補充されます。予定圧の0.3ぐらい余分に入れます。

7.金色のボタンを押すと圧が下がります。圧を下げながら(抜きながら)数値を合わせると、きれいに圧が合います。

8.石鹸水で、むしから漏れがないかチェックします。漏れがあると泡が出ます。

9.キャップをしっかり閉めて出来上がりです。閉め方がゆるいとエア-が漏れる事があります。

窒素ガス充填のメリット

  • 窒素は、酸素よりゴムを通りにくいので、空気圧が低下しにくい。
  • 水分を含まないので、温度が上昇しても、空気圧の変化が少ない。
  • 酸素や水分を含まない不活性ガスのため、タイヤとホイールが傷みにくい。

 

さらに、空気圧が低下しにくく適正な空気圧が長持ちするため、

 

摩耗・偏摩耗が減少

  • 燃費の低下を抑制
  • 操縦安定性の向上
  • タイヤ内圧力不足によるタイヤ損傷の発生を低減
  • タイヤ・ホイールの酸化・腐食の抑制

 

などのメリットにも繋がっていきます。

WAVE

住所/三重県四日市市六呂見町957-2

TEL/059-346-5253

営業時間/平日10:00~19:00

     日曜日 祝日10:00~17:30

(作業の受け付けは30分前まででお願いします)

定休日/木曜日

   12月31日から1月4日、5月4日~5月6日、8月14日~8月16日

Copyright © YOKKAICHIGOMUSHOUKOU Inc. All right reserved.